コンシールド型ドアクローザー

コンシールド型ドアクローザーとは、扉上部、又は枠に埋め込むドアクローザーの事。扉を閉めた状態では、

ドアクローザー本体が見えないようになっている。

ドアクローザーは速度調節弁によって、ドアが閉まるスピードをコントロールできる。

一般普及タイプのドアクローザーの速度は2段階に分かれ、

開いたドアの閉じ始めから約10度になるまでを第1速度、10度から0度(閉まる)までを第2速度という。

また、第2速度は、ラッチボルトがかかることからラッチングとも呼ばれる。

ドアクローザーには、第1速度と第2速度のスピードを1つの調整弁で操作する種類と

それぞれ独立した調整弁で操作する種類がある。なお、速度調整が2段階に分かれていない種類もある。

類似用語:ドアクローザー

関連記事

コメントは利用できません。