ベタ芯

べた芯とは、建具におけるベタ芯とは、戸の芯材に木の枠組みではなくMDFやパーティクルボードを使い、

表面に仕上材を張ることを指す。既製品家具の扉などでは一般的になっている。

重量が大きくなるためしっかりとした造りとなるが、MDFやパーティクルボードは木ネジの保持力が小さく、

いったんビスを抜いた穴は再利用ができないため、丁番などの建具金物の取付けには注意が必要。

関連記事

コメントは利用できません。